糖尿病にならないために日々気を付けたい事

糖尿病を予防するために日ごろからどんなことに気を付けなければならないのでしょうか?

糖尿病で引き起こしがちな合併症とはどんなもの?

糖尿病は血糖値が高くなってしまうという症状が出るのですが、そこからの合併症についても気を付ける必要があります。
血糖値数が高いままが続いてしまうとどのような危険を及ぼしてしまうのか知っておく必要があります。
では、糖尿病になってしまった際の気を付けるべき合併症についてを調べていきましょう。

【どんな合併症が起こるの?】

血糖コントロールが上手く出来ない状態でいると合併症を引き起こしてしまうおそれがあります。
それには糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病神経障害などがあります。
他では、脳卒中、心筋梗塞、末梢動脈性疾患などがあり、大きく細小血管症、大血管症と2つに分れます。

治療をきちんと行えばもちろん合併症の予防にもなるので、血糖値が高い状態で長い時間放置しないように気をつけなければいけません。
その為にも定期的に検査を受ける必要があります。

【合併症の中でも怖い脳梗塞】

血糖のコントロールの他にも、高血圧であったり、禁煙、肥満、加齢と共に引き起こしてしまうのが脳梗塞になりとても危険で怖い病気でもあります。
糖尿病になってしまい、バランスが崩れてしまっている時ほど、血管が詰まりやすくなってしまうなどの症状も出てくるのです。

脳梗塞になってしまった場合には大きな後遺症を残してしまう場合もあり、手足の麻痺や機能障害、言語障害などがあります。
そうなってしまうと、日常生活を普段通りにこなす事も難しくなるので、家族の助けが日々必要になり、生活への影響を及ぼしてしまいます。

【検査をして早期発見しよう】

いつまでも健康でいたい!というのは人々が持っている願いでもあります。
だからこそ、血糖値が上がってきている場合などには特に気を付けて生活習慣を整えていく必要があり、検査にも通う事をおすすめします。

関連する記事